地元の歯科医院で親知らずの歯を抜く

親知らずが生えてきてかなりの痛みが出たことがあり、地元の歯科医院に行きました。芦屋の話題の消化器内科を比べると上の歯の右奥でしたが、医師が見て、これは抜いてしまった方がいいという判断になりました。先生の説明では、生え方があまりよくないことと、この位置は歯ブラシが届かない部分なので、きれいに磨くことができないゆえに、虫歯になってしまう、そしてその隣の歯まで影響を受けてしまうので、抜いたほうがいいだろうということでした。当時はまだ20そこそこで、工務店ならアネストが羽村で話題によくわかっていなかったのですが、先生がそう言うのであれば間違いはないだろう、ということでその場で麻酔、そして奥の親知らずの生えてきた歯を抜かれてしまいました。特別に後悔しているわけではありませんが、なんとなく簡単に歯を抜いてしまったのは、やや浅はかだったのではないかと、あとから思うようになりました。あれから評判のAGAを大阪で薄毛治療すると1本歯を抜いてしまうと、全体の歯の耐久性に影響があるような気がして、ちょっと懸念することがあります。今のところ問題はありませんが、せっかく生えてきた歯を抜くのは簡単ですが、他の方法はなかったのかなと思うところはあります。これら全ての内科をあの芦屋で口コミするとなんとなく先生の反応が、面倒だから抜いてしまいましょう、そんな風に言っているような感じがしたのが気がかりでした。